沿 革

当社は、大正3年(1914年)に綾田電機商会として創業。

太平洋戦争中には造船の電装工事会社として四国電装株式会社となり、戦後、綾田船舶電機商会として船舶電装工事業を営む。

国内経済の復興・成長に伴い、昭和37年(1962年)昭和電装株式会社に改組。

以後、船舶用配電盤・分電盤等の製造、更に陸上製品の製造・電気通信工事及び陸上電気工事を開始し、現在に至る。

1914年(大正3年) 綾田定雄が高松市において、綾田電機商会を創立
1943年(昭和18年) 船舶部門を分離して、戦時計画造船の電装工事会社として四国圏内の企業合同により四国電装株式会社を設立
1951年(昭和26年) 戦後の統制解除により四国電装株式会社を解散、綾田船舶電機商会として綾田久輝が船舶電装工事の営業を開始
讃岐造船鉄工所、四国ドック他、香川県一円の造船所における電装工事業者となる
1962年(昭和37年)5月 株式会社に改組し、社名を昭和電装株式会社とする(資本金150万円)
1963年(昭和38年) 詫間出張所を株式会社讃岐造船所内に開設
1966年(昭和41年) 石巻出張所を株式会社ヤマニシ他、北日本エリアの工事業者として開設
1967年(昭和42年) 高松市寺井町に一宮工場を建設、船舶用配電盤・分電盤の製造開始
1972年(昭和47年) 本社を高松市福岡町から現在地に移転
1978年(昭和53年) 陸上製品製造開始
1980年(昭和55年) 多度津出張所を常石造船株式会社内に開設
1982年(昭和57年) 電気通信工事及び陸上電気工事開始
1986年(昭和61年) 東京事業部をNECネッツエスアイ株式会社の工事業者として開設
2013年(平成25年)1月 石巻事業所を再建(東日本大震災により罹災)
2014年(平成26年)7月 綾田正子が代表取締役社長に就任、現在に至る